Takatsuka Architects Firm Co.,Ltd Japan





- 足場丸太の茶室(3帖席) -

東京都葛飾区



床の間と台目柱
床 の 間 と 台目柱


手前座と色紙窓
手 間 座 と 色 紙 窓


水屋と茶道口
水 屋 と 茶 道 口



この茶室は、鉄骨3階建て住宅の最上階に付属している。余裕のない間取りに「少しでもゆとりのある場所を」という施主の要望と、御祖母が茶の湯を嗜まれてることもあり、当初、納戸を予定したところに茶室が誕生した。
小間は従来、茶人、数奇屋人と呼ばれる人びとが好んだ詫び茶の空間である。
設計に際し、内部構成は西陽を受ける場所なので、通風上、下地窓を多く採り、突き上げ窓、風呂先窓(いずれも証明)を加えて、織部風の八窓席とし、狭い床の間は広く見えるように壁を斜めに切り込み、内部を塗回しにした。また、にじり口は設けず、貴人口を採用した。
御祖母寝室・和室6帖・廊下には、それぞれ茶室に付随する要素を含めた。まず、御祖母寝室には水屋を組み入れ、日常の生活に支障のないよう、建築基準法で斜線制限を受けた部分を利用した。和室6帖は待合・相伴席になるように、小さな釣床をあしらって潤いを与えた。廊下は次の間としての雰囲気持たせるため、床を畳敷きにし、天井にも変化をつけた。
壁の配色は全体を黄聚楽でまとめ、茶室内部のみ落ち着きのある利休鼠を用いた。
内装金額の割り振りは、国産車1台分程度に絞られたが、茶室の内容は一任されたので多少の冒険を試みることができた。予算には次のとおり計画し、コストダウンを図った。
  • 銘木類を使用しない。(台目柱を除く)
  • 新建材を利用し、加工手間を省く
  • 日常品の活用及び輸入材の使用
まず銘木は床柱・床框・化粧丸太など、すべて足場丸太を利用した。風雨に曝された丸太に、錆が発生したものを選び出し、錆を定着させるためにパラフィン系ワックスで磨いたが、まずまずの成果を得た。面皮柱は集成材が市販されており利用したが、自然の感じに乏しく反省材料となった。
壁は石膏プラスターの中にスサと灰墨を加えて、中塗り程度で仕上げたが、力強い足場丸太と調和して一風変わった雰囲気になった。天井材は落し部分が合板に山萩を貼った新建材で、掛け込み部分は柿板を糸で縫ったコロシート(商品名)を計画したが、突き上げ窓の処理に苦しみ、へぎ板に変更した。
建具及び枠廻りは米杉で、早々に黒墨が出て利休鼠の壁と調和した。腰紙は魚屋などで用いられていた鮮緑の油紙を貼ったが、色彩的に合わず、次の機会に見送ることにした。
その他の工法にも若干の簡素化を図り、予算の超過はなく、当初の目的をどうにか達成することが出来た。
この作品は、あくまでも納戸の転用が基本であり、床の間の位置が自由にならなかった事と、関東間になったことが、わずかばかり心残りである。



施工:宮川工務店/写真:佐藤昭吾


[back]  [next]

Top Page Gallery Menu HaruhikoTakatsuka Company Profile E-mail

Copyright (C) 2001-2002 Takatsuka Architects Firm Co.,Ltd., All rights reserved.