GALLERY

土間のある家-酒々井の古民家再生

千葉県酒々井町
住宅/新築工事
木造1F+ロフト/床面積210㎡
江戸時代後期に建てられた古民家。当主は代々庄屋を務めてきた旧家である。今回、老朽化によって現当主が建て替えを決意されたが、歴史を刻んだ住まいへの思いから、柱や梁、建具など、使用可能な古材はすべて新たな住まいの材料として使うこととした。180年前の棟梁が刻んだ柱や梁が、再び新たな住まいの支えることになった。
  • 土間から見る仏間と客間/土間のある家-酒々井の古民家再生