GALLERY

赤羽の古民家再生

東京都北区
住宅/増改築工事
木造1F+ロフト/床面積232㎡
建築から100年ほど経過したこちらの古民家は、敷地が軟弱地盤である為に柱や梁が大きく歪み、床には勺配がついているほどだった。更に昭和の改築工事で大切な構造梁が切断されていたことも判明し、今回、基礎工事やり替えとともに柱・梁を補強し、大黒柱や大梁には存在感のある太くて丈夫な材を新たに加えて民家の面白さを表現した。